はたして結果は!  (2012.5.7)

072.gif今日、頭のMR検査をしました。
検査が終わって、診察室の椅子に座ると
「脳は大丈夫ですね~昔の隠れ脳梗塞はいくつかあるけど、最近のは無いし」
「下垂体もOK」
ん!「これだね」「眼の奥、眼窩(がんか)に何かある」
確かに眼の奥のほうに左側だけ黒くなっている細長い塊みたいなのが見えます。
“左眼 神経鞘腫”または“髄膜腫”と言うのだそうです。

「回りがつるっとしているので良性っぽいけど、検査してみないとわからないね~」
良性か悪性かは、造影剤を使うと、何たらかんたら、でわかるそうです。

いずれにしても、このままにしておくと左眼は失明する。
手術すれば、現状で止めることはできる。
この症状が右眼にうつると言うことはない。
時期は手術をする病院の判断だが、悪性なら速やかに、良性なら相談しながらだろう。

手術を前提に、大学病院に紹介状を書いて貰いました。

帰り道・・・やっぱりだめだったか。ナッシングという訳にはいかないのね~と考えました。

最近、長~い間の確執が溶けて、こういう時が来るとは思わなかったという状況が生まれているのです。
昨日の夜、“この幸せと引き換えに私に不幸が来てもいい”と思ったのですが、受け入れるべき不幸がやって来てしまいました。

今の私がする事は、“心の準備をすることと、淡々と調べて動くこと”だと言い聞かせています。



今月の集まりでプレゼントする「着物地の手提げ袋」に、タグを付けてラッピングしました。
d0180499_2292849.jpg

[PR]
Commented by juju-19451006 at 2012-05-08 10:10
ももさんの心境を自分に置き換えてみるとそんな
冷静ではいられないかも~。
良性であることを期待しましょう。
事前に解ったことを良しとしましょう。
事実を受け止め、勇気をもって立ち向かう事しか
ないでしょう。
ワタシは良い時と悪い時は背中合わせだと思っています。
だから誰もがこのリスクを抱えながら生きているんで、
悪くなってもレールがちょっとズレただけだ
思うようにしてます。




Commented by momo22412 at 2012-05-08 11:30
良いように考えるしかありません。それっきゃないって感じです。
だって、考え出すとだんだん不安の気持ちが膨らんできます。後遺症が残ったらどうしようとか、考え出すときりがありません。
交通事故にあったら突然で、心の準備もものの準備もできなくてあたふたすることに比べたら、と考えることにします。

でも、困るのは一人暮らしということ。入院中に何かを持ってきて貰おうとしても、よっぽど室内の整理がされていないと大変だし(娘の留学で、向こうからあれを送ってと言われても、一緒に暮らしていても、どこにあるのかわからず、スカイプの画面で確認しながらでした)、うめとかめの世話をどうしようか?が考えどころです。うめは動物病院やペットホテルはだめだし・・・(食べなくなる)
Commented by juju-19451006 at 2012-05-09 12:29
それは困ったね!
カメはそっと連れってても解らない?
うめちゃんは箱入りだからねぇ~。
身内のどなたかに時々水と餌をお願いするしかない?
まぁ~事前に解るとあれこれ悩みは尽きないようで。
緊急で行った方が悩まないけど....。
でも今の手術後の入院って意外と短いから何とかつなげるかもよ。
娘さん戻れない分、オーストラリアで気をもんでいるかも。




by momo22412 | 2012-05-07 22:13 | Comments(3)

ももは私、うめはネコです。娘と2人暮らし+1匹。2010年3月に仕事を辞め、時間持ちになりましたので趣味ブログを。見よう見真似でチクチクすきです。ネームは「み~も」*handmade by miimoです。


by momo