安全・安心 防災セミナー  (2011.6.26)

土曜日の午後、こんな話を聞きました。
「わが家の安全・安心 防災セミナー&相談会」

主催は、“東京都学校生協”&“NPO法人設計協同フォーラム”でした。
新聞の隅に載っていたのが、きっかけでした。

内容は・・・
●東日本大震災の状況(茨城の液状化について詳しく)
●緊急地震速報の仕組み
●室内の安全
●マンション・戸建ての耐震診断
●個別相談

緊急地震速報の説明

d0180499_1931331.jpgd0180499_193275.jpg








この機器を設置すると、気象庁発表の速報より2分程早く情報(震度も)がわかるそうです。
2分は逃げる準備をするには、長い時間。
でも、「停電になったら、余震はわかる?」と質問したら、「それは無理」との事でした。


参考になった事

地震が起きたら・・・
昔は、関東大震災の教訓もあり「火を消す」でしたが
今は、まず身の安全、火は揺れが治まってから
寝室には、手の届くところに、懐中電灯とスリッパを
家の中で一番安全な場所を確認しておく

揺れがおさまったら・・・
履物を履いて、ガラス片に注意を
出口の確保
ブレーカーを切る
ガス栓をしめる

室内の注意
家具の上には重いものは置かない
冷蔵庫に扉側に、ペットボトル等の重いものを入れない
食器棚の食器の下に、滑り止めシートを敷く
ガラスには飛散防止フィルムを貼る
本棚は重い本を下にして、本が飛び出さないようにゴムやロープを張る
携帯が使えなくなった時のために、番号は紙に控えておく
写真付きの身分証明書をすぐに持ち出せるように(銀行のキャッシュカードも、当座の資金用に)

自宅避難用品の用意
水は一人1日3ℓを
マンションは下水管の無事が確認できるまで使用できないので、簡易トイレ(凝固剤セットの袋)を
電気より、ガスのほうが復旧が遅い、卓上カセットコンロを
懐中電灯には蛍光テープを貼り置場がわかるようにしておく
マスク、風邪薬、整腸剤、消毒薬、無いと困る薬は多めに頂いておく

等々でした。

主催者のNPO法人設計協同フォーラム”って我が家の近くに事務所があるとわかりました。
[PR]
Commented by juju-19451006 at 2011-06-27 19:37
こんばんは~
改めてももさん整理の「参考になった事」の内容を食い入るように読みました!
もう先だっての地震の怖さが薄らいできつつの日々です。
相当身に沁みたはずなのにいけません!
もう一度準備のし直しを確認をしつつ、したいと思いました。
Commented by momo22412 at 2011-06-27 19:57
いろいろ聞いて、なるほど!とその場では納得するのですが、家に帰ると、目先のことに気を取られて、明日明日になってしまいます。
いつ来るのか、わかっていればね~ (無理ですよね~)
Commented by juju-19451006 at 2011-06-27 20:16
でもこの前、品薄だったのに必死で買い込んだ食料・・・
あれもう少ししかなくなったの!
何故かというとお出かけ時に利用したためです。
なので、反省を含めた再度購入リスト作成したら最小限の準備する~つもりです。つもりではイケマセンヨネ!今度は品薄でないからゆっくりと準備購入が出来そうです。 
by momo22412 | 2011-06-26 18:55 | Comments(3)

ももは私、うめはネコです。娘と2人暮らし+1匹。2010年3月に仕事を辞め、時間持ちになりましたので趣味ブログを。見よう見真似でチクチクすきです。ネームは「み~も」*handmade by miimoです。


by momo