検査結果を聞いて気が抜けました  (2012.6.3)

072.gif昨日は、大学病院に検査の結果と治療方針について聞きに行きました。
大阪から夜行バスで次男夫婦が来てくれ、待ち合わせをして病院に。
外来の2階の待合室に行くと、窓の所に人だかりが。
ナニナニ?と首を突っ込んでみると、1階で撮影をしていました。
ジャニーズジュニアが来てるとか?来てないとか?

そちらに気を取られて、気がつくともう診察の順番でした。

先生の前に3人で座って神妙に・・・・

でも、何のことはない、こういう内容でした。
『病名は眼窩内腫瘍。でも、当院では症例が少なく判断できないので、他の病院を紹介します』でした。

もう、病院名を出してしまおう。
帝京大学附属病院では、こういう患者は年に1~2名で、しかも神経をやられてから来る人が多いので
手術の実績も少ないらしい。
腫瘍の種類がなんなのかは、切って取って、病理検査をしなければわからない。
手術をしてよくなるかどうか判断できない。
時間の経過で、眼が見えなくなったり(神経がつぶされる)、眼が飛び出して来たり(中から押されて)する、とのこと。
もっと、症例数の多い順天堂病院を紹介されました。
しかも、すぐには紹介状を書けないので、連絡をするのでまた取りに来て下さいでした。

5月14日の初診から20日経過して、この結論・・・気が抜けました054.gif
手術も覚悟して心の準備をしたのに・・・
初診時に当院はこういう患者実績は少ないけれどいいですか?と説明してくれれば、それはそれで納得の上で検査を受けるか、またはその時点で病院を替えたのに・・・・!!

総じて感じたのは、町の医者のほうが患者の気持ちに寄り添ってくれる、
待たせない(これは物理的に患者数が違うからでしょうが)、
大学病院は医療者が勉強をしながら医療を行っているのが見え見え。
(眼の検査の時も検査技師が他の職員に聞きながら実施しているのは不安を感じました。)
(紹介状も、町医者はその場でパッパと書いてくれる)
という感じを受けました。

まだまだ、先は長そうです025.gif
[PR]
Commented by juju-19451006 at 2012-06-04 23:08
本当になんてことなんでしょうね。
大阪からわざわざ来て下さったのに~。
面接日までのこちらの不安定な気持ちも考えて欲しいですよね。
患者はその時担当した医師の診断を信じて受けとめるしかないという弱みもあるし~。
でもそこで手術されず、紹介された事を良かった思う事ですね。
Commented by momo22412 at 2012-06-05 21:21
今日は紹介状を貰い(と言っても1500円)に行き、発見のきっかけになった近くの眼科に行き、経過を説明して、これからどうしたら良いかを聞きました。町医者は気軽に受診でき、気軽に疑問点を聞けるので、安心です。(俗人的な問題かな~。気難しい先生もいるからね)
by momo22412 | 2012-06-04 14:48 | Comments(2)

ももは私、うめはネコです。娘と2人暮らし+1匹。2010年3月に仕事を辞め、時間持ちになりましたので趣味ブログを。見よう見真似でチクチクすきです。ネームは「み~も」*handmade by miimoです。


by momo