粗大ごみ 捨てるのはちょっと待った (2012.9.19)

053.gif家の中を片付けようと、少しずつ整理しています。
ただ、ちょっと大きいもの(一辺30cm以上)になると粗大ごみになり、予約をしないとなりません。
そうすると、億劫になって進まなくなります。

この細長い棚もそうです。
電話しようとして、ちょいまて!これは使える。

新聞やチラシやカタログ、郵便物がだんだん溜まってしまいます。
・取っておくもの
・公開講座のお知らせなど、当日まで取っておくもの
・たぶん捨てるけど、まだ読んでいないもの
これらが混じって積んどくになると、整理が嫌になってしまうのです。
そこで、
d0180499_14302275.jpg

下の段は取っておくもの、上の段は捨てるものに分けました。
これならすぐに捨てられる。
白いカーテンは、うめの壁とぎ予防です。
左上の鈴は、地震が来ると鳴るので掛けてあります。
右上の茶色のカゴは、捨てるシャツなどを小さく切って入れてあります。
掃除やうめが吐いた時などに便利です。
[PR]
Commented by juju-19451006 at 2012-09-22 00:18
私も少しずつですが衣類を廃棄と資源とに分けておき、その日が来ると勇気をもってさよならしてます。
でもまだまだ処分判断が出来ない物が数箱もあって...。
なかなか減りません。
Commented by momo22412 at 2012-09-22 09:03
断捨離の本が何冊もあって、だけど実行できず、断捨離の本が断捨離できずにいる状態です。
Commented by juju-19451006 at 2012-09-22 10:56
母が入院して思ったんですが...。
入院中は病院との契約でトレーニングウエアーセットとパジャマと靴下で他に何も必要ないんですね。
数カ月先に戻れるけどその時に着やすい服というと今までのではどおかしらと考えます。
なので本当に衣類に関しては最低必要分しかいらなくなりそう~。
だからどんどん処分しても心配ない!
~のにそれがなかなかでして。

by momo22412 | 2012-09-19 14:37 | Comments(3)

ももは私、うめはネコです。娘と2人暮らし+1匹。2010年3月に仕事を辞め、時間持ちになりましたので趣味ブログを。見よう見真似でチクチクすきです。ネームは「み~も」*handmade by miimoです。


by momo